1:2016.11.30 (23:55)

村木:SIDE B「7.正直はいつも残忍で。」

村木SIDEB「7.正直はいつも残忍で。」

僕は土偶先生を尊敬していたが、アドバイスを聞くことはなかった。
そうして失敗して失敗して失敗して、ようやく聞く耳をもつことができるのだと思う。

 村木SIDE B

 青春ノンフィクションI.「村木。」本編

5:2016.11.28 (11:39)

「セキグチとヨシダ⑦ 。」

「セキグチとヨシダ⑦ 。」

美術部と天文部は隣同士だった。
隣同士色々あるのは人でも国でも部活でも、一緒だ。
そして僕は目ざとく気づくようでいて全く気づかない。
自分のこと以外はひどく鈍感にできている。

→シリーズ「セキグチとヨシダ。」

15:2016.11.19 (23:09)

「沈殿する嫉妬 。」

「沈殿する嫉妬 。」

好きな人の過去を知りたくて、
藪から蛇をつつきだした失敗が、
僕を少し寡黙にした。

先輩が僕に与えた知識や価値観が、
先輩にとっての先輩だったことを知った時、
僕は激しく動揺したが、
先輩はきっと動揺させようとして
そんなことを言ったのだと思う。