2:2021.1.15

「褒められたいわけじゃない。」

男の料理はどうしても趣味的で、
何かにこだわりがあったり、うんちくがひどかったり、
そういうのはイヤだった。

でもうんちくは楽しい。

知らない人に自慢するのでなく、
同じレベルの人とうんちくを語るのは
とても楽しい。

食べ物は確かに人間性がよく出る。

3:2021.1.15

「ただの人間関係なんだ。」

一般論ではよく「男と女の精神年齢は5歳違う」なんて言いますが、
僕は実感としてそうだったなと思います。

僕は20歳。村木は17歳。

僕はただ小説やマンガを読んで
恋愛に過度なロマンを求めていました。

だからこのつとめて冷静な態度を
少し不満に思った記憶がある。

現実的な人間関係を学ぶのは、ここからでした。