1:2017.2.28

「再会①。」

「再会①。」

大学に進んだ後、一度だけオータニに会ったことがある。
名古屋で女子大生になったオータニは、髪が短くなったこと以外は
高校時代のゴリラのままで、

でもゴリラの癖に何だか、
何だか、
何だか。
もう。

 人物「オータニ」一覧

2:2017.2.27

「失望。」

「失望。」

人に言われたことは、きっと傷つきたくないためにすぐ忘れてしまう。
自分があたふたと言い訳を続けた光景は、
どことなく冷めた視点として鮮明に記憶に残っている。

僕たちは自分を守ることだけにいつだって一生懸命だ。
「青春は、恋愛は、苦い。」
そんな一言では決して済まされない、僕と僕たちの、失望。

 人物「マキタ」一覧

4:2017.2.26

「なれあい。」

僕は自分ではポーカーフェースのつもりだったが、
そういうと先輩は「地上にお前より何でも顔に出る奴はいない。」と言った。

僕は僕で先輩のどんな言葉にも内心大喜びで、
いや、「内心」が出来ないからこそ顔も大喜びで、
いつも先輩を苛立たせた。

でもなれあいはしあわせだった。
ほんとうにしあわせだった。

 人物「先輩」一覧

6:2017.2.22

「一緒になんかいなければよかった。」

イラスト「一緒になんかいなければよかった。」

憂鬱で不安な気持ちを、恋人や友達にこそ見せたくない、見せられないと思う僕と、
恋人や友達だからこそ見せられると考える彼女とはたびたび衝突し、
いや、衝突にさえなっていなかった。

僕の衝突や軋轢を避ける態度は最初は優しい人として受け取られるものの、すぐに見透かされ、彼女は泣いた。

7:2017.2.21

シリーズにんげんのうた⑬ 「オータニ①。」

シリーズにんげんのうた⑬ 「オータニ①。」

オータニは思ったことを何でもそのまま言う。
いつも夢見がちで、ロマンだなんだとつまらない自分を何とか面白く見せようとする僕に対し、
身も蓋もない思ったままことを言い続けた。

卒業後何年かして一度だけ会ったことがある。
相変わらず悪意なくロマンなく身も蓋もなかった。

マキタの乳のことなんか考えたこともなかった。
きっと、だから僕とマキタは全然、全く、これっぽっちも上手くいかなかったんだと、
オータニは正しかったと、今にして見ればそう思う。

→シリーズにんげんのうた

9:2017.2.17

シリーズにんげんのうた⑫ 「マキタ⑧。」

シリーズにんげんのうた⑫ 「マキタ⑧。」

掘り返してももう何も出て来ない。
友達にももうなれない。
マキタはいつも本当のことばかり言ってるように見えた。
僕は何も言えなくてバカを気取ってみせ、
バカなのか?と言われた。

なんだよもう。

→シリーズにんげんのうた

10:2017.2.15

村木:SIDE B「⑬:不安。」

村木:SIDE B「⑬:不安。」

僕はメンヘラという言葉がどんな人物を指すのかわからないが、
不安定な情緒を何が何でも簡単にメンヘラと言ってしまうのは愚かなことだ。

僕たちはいつもさみしい。
さみしいから一緒にいられるのだ。

 村木SIDE B

 青春ノンフィクションI.「村木。」本編

11:2017.2.13

村木:SIDE B「⑫:拘束時間。」

村木:SIDE B「⑫:拘束時間。」

僕は落ち着きがない。
何もしないでぼんやりしていることがことのほか苦手だ。
ちょっとでも時間が空くと、何かしていないと逆にストレスが溜まる。
こんな感じになった時、ちょっと起こしてしまえば済む話なのだけれど、
村木の寝顔を見ていると、とても起こす気にはなれなかった。

今思うと、こうやって少しづつ僕の時間は間延びし、
生き急いで発狂せずにすむ、貴重な休憩時間だったのかもしれない。

 村木SIDE B

 青春ノンフィクションI.「村木。」本編

12:2017.2.13

「裏側のヨシダのうたかたの」

「裏側のヨシダのうたかたの」

僕は特別暗い子が好きだったわけではなく、
特別明るい、クラスの人気者が好きだったわけでもない。

ただ、どうしようもなくガードの固い、卒のない人間が、
ふと自分の前でだけ漏らす本音のような愚痴のようなものに敏感に反応し、
例えそれがどんなにひどく歪んだ言葉であっても、
僕は彼女に惹きつけられるのだ。

→イラスト一覧

→人物「ヨシダ」一覧

13:2017.2.11

村木:SIDE B「⑪:朝のフーガ。」

村木:SIDE B「⑪:朝のフーガ。」

僕と村木はバッハのフーガがとても好きだった。
時々上の2声を村木が、下の2声を僕が担当し、息のあったりあわなかったりする演奏をしながら、
ぽろっと僕を試すようなことを言う。
村木が何を考えていたのか僕にはわからないが、
結局は上手く行かなかった。

[su_label type=”important”]演奏[/su_label]98年頃に弾いた、バッハ/平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第7番変ホ長調 BWV876のフーガ

 村木SIDE B

 青春ノンフィクションI.「村木。」本編