9:2021.9.27 (22:54)

「僕とセキグチともう一人。」

僕はマンガやアニメのフィクションに出てくる
「物語のためにはっきりと役割を与えられた」人間関係よりも
幼なじみにしろ友だちにしろ恋人にしろ、
なんだかぼんやりとしたよくわからない、
現実の人間関係が好きで描きたいと思っています。

13:2021.9.25 (22:43)

「季節。」

「考える」には言葉を使うしかないが、
考えなくても理解することはできる。

運命なんて後から付け足したこじつけにしろ、
必要な季節に必要な人間に出会うように出来ている。

それに気づくか気づかないかで道は分かれていくのだと思う。

14:2021.9.25 (18:16)

「距離。」

僕自身、真夜中の孤独にどうしても勝てず、
迷惑を承知で先輩や友人に電話したり呼び出したりした経験がある。

だから友だちに呼ばれればどんな理由があってもほいほいと出かけていった。
それが「友だち」の距離感であり、呼ばれて行って拒否されても別に構わなかった。

だから僕はそんな関係以外の関係を友だちとは呼ばない。
楽しいことはすべて忘れた。