5:2017.1.23 (23:50)

シリーズにんげんのうた⑩ 「先輩②。」

先輩は滅多に何かをスキだと言わなかった。
ただのひねくれものだったんだろうか。
僕はそうではないと思っている。
先輩はただ、色んなことがとても大切だったんだ。

→シリーズにんげんのうた

8:2017.1.19 (12:23)

「だって風が強いから。」

「だって風が強いから。」

僕が高校生の頃でも、屋上への立ち入りは禁止されていました。
僕はあの手この手でスペアキーをこっそり持っていたので、
逃げ場所としてよく利用していました。
田舎で、外歩いたって人なんかいやしないというのに、
僕は何だか【人】から逃げようと必死でした。

→イラスト一覧

16:2017.1.4 (23:10)

「セキグチとヨシダ⑯ 。」

僕は「人間はぶつかりあって成長しあうもの」みたいなことは全く考えていず、
むしろ余計な揉め事は慎重に避けて通りたいと思っていましたが、
だからなおのこと、本当のことを言い合っている、という他人の姿に感動するのだと思います。

→シリーズ「セキグチとヨシダ。」