「何も生まれない朝に。」