「マキタ。」

2020.11.26

マキタは僕の描く登場人物の中でもあまり人気がありません。
思い入れが強くて、かわいらしく美化して描けないからだと思います。

一番描いた枚数は多いんですけどね。

ちょいとやれば僕に出来ないことなどない、と
内心万能感で満ちた子供の僕の世界に、

めっためたに穴を開けて世界に風を通してくれたのが、
マキタです。

それが初恋というものだと思います。
そりゃあ忘れられません。

忘れる必要もありません。