ページ内の表示数

3:2022.4.24 (23:47)

「ナナさんの思い出。」

ナナさんは手紙の字がものすごーく達筆で
そのギャップでよく覚えています。

透けた油紙に青い万年筆で書かれた、
ところどころ滲む端正な文字が、
バブルをひきずったイケイケギャルみたいな本人像と
全然合ってなくてよかった。

人のことを言い当てるのが好きな人でした。

ごくまれにお知らせを送らせてください。 はい いいえ