「カフェの思い出。」

2017.3.22

「カフェの思い出。」

もうほとんどの思い出の店はなくなってしまった。
20年も経つんだから仕方ない。

逆になくなってしまったことで、
僕の思い出はより強固なものになる。

一人でぼんやりした喫茶店は内装をよく覚えている。
誰かが好きで、誰かと一緒にいった喫茶店は、
その内装や外観はちっとも覚えていず、

ただ、その人だけを覚えている。