4:2021.6.13

「夕暮れの美術室。」

卒業から30年が経った。

思い出の時系列はあいまいとなり、
僕にとって大事な記憶だけが
映画のワンシーンのように鮮烈に残る。

君を描いているのを知られて
嫌われるのが怖かった。

でも心のどこかでは
知って欲しかったんだ。

いつも。