2:2016.9.24

「写真部部長・加藤塵芥⑤」

加藤塵芥⑤

僕は当時ひねくれものを装ってはいたものの、中身は実に単純なバカで、加藤塵芥のような腹の底に一物ある人間でもすぐに信用してしまい、とりあえず目に見えているものに場当たり的に対処するものだから、色んなことがこじれにこじれて、最後に何故か僕だけが全員から疎まれるという、大変遺憾な空気を、それでも自分では破ることが出来ず。

3:2016.10.3

「夏合宿。」

「夏合宿。」

男は先生と僕のみ、あとは全員女子である美術部の合宿は理不尽なことばかり。

僕はいつも重い全員分のイーゼルとキャンパスを先生の車に積み、夜のための花火などを買い、アイスを買い、奔走した。

疲れ果てて合宿から帰宅すると、両親が「お前はまた女の子にたかられたんだろう」などとしつこくひやかし、僕のペーソスは誰にも理解されなかった。