「再会⑯。」

2017.4.12

「再会⑯。」

技術が低く、まだ自分の思っていたことを
漫画にちゃんと形にできないのがもどかしい。

高校の頃は、気を遣っていそうで近しい人間には全く遠慮がない、
心の中でゴリラのようだったオータニが、
時間を経て妙な気を回し、自分の罪悪感を消そうとする様子は
少しショックだった。

青春てなんだろうな。
僕はただやっと思い出になった僕の思い出を、
とうとうと思い出話として話したかっただけなのに。